に投稿

大きなケヤキと犬達

犬達の居住スペースの西に2階の屋根より高く、こんもりと枝を広げた大きなケヤキがあります。夏には貴重な日陰を生み出し、午後の西日から犬達を守ってくれています。
犬達の活動スペースには遮光ネットを張って直射日光を避けてはいますが、幹に手を回してもひとりではかかえられない程の太さのこのケヤキが作る、高い位置からの日陰はとても貴重です。
サワサワと風に揺られる葉の音も好きですし、鳥達が羽を休めながら素敵な囀りを聞かせてくれることも。我が家にとって「犬達の住居スペース」「ドッグラン」「自家菜園」などと並ぶ、無くてはならないもののひとつです。

そして、大きな日陰を作り出してくれる膨大な数の葉は、晩秋には色を変え舞い降ります。今の若犬達が仔犬の頃は、風に乗って飛んでくる落ち葉を喜んで追いかけていました。大人になった今では、日向ぼっこをしながら目で追いかけるだけですが、暇を持て余している時はひらひらと舞う落ち葉を空中でキャッチして遊んでいます。

犬ぞりを趣味としている皆さんが同じだと思いますが、私達も秋から冬への移り変わりを、夏のうちから待っています。犬達を走らせることができる気温になるのはいつ頃か?とか、雪の量はどのくらいか?とか・・・用具類のメンテナンスをしながら、長期予報に耳を傾け子供のようにワクワクしながら冬の犬ぞりシーズンを待ちます。

でも、気象庁の長期予報より正確なのは、「自然を観察すること」です。彼岸花の咲く時期だったり、秋ナスの皮が固くなって食べられなくなる時期、刈り取られた後の稲の生長具合でも暖かいか寒いか判ります。昨年はもう一度稲穂が出るのでは?と思われるくらい成長しました。
そして私達が目安にするのは、ケヤキの葉の落ち具合です。10月中旬から落ち始め、7割ほど葉がなくなると早朝トレーニングが始められます。(落ち始めから7割までがとても長く感じます)

落ち葉の掃除は大変な作業ですが、夏に日陰を作ってくれたり、トレーニング時期を知らせてくれるこのケヤキを大切にしたいと思っています。
ちなみに、春先のシーズン終わりは、隣家の梅の花の咲き具合とトレーニングコースの菜の花を目安にしています。

に投稿

夜間トレーニング始動

やっと夜トレを始めることができました。

今年は暖かい日と寒い日が交互にあって、「このくらいの気温なら走れるね。明日夜トレかな」と言っていても、翌日には上着も脱ぎたくなる程暖かくなってしまったりで、なかなか始められませんでした。

犬達が舞い上げる砂埃がフラッシュによってよく見えます

それに、トレーニングコースとして使わせていただいている畦道の両側には、まだ枯れきっていない草が生い茂っているので、トラブルを避けるために(種が目に入ったり、好ましくない虫がいそうなので)夜の空いた時間には草刈りに通いました。
—–《夜な夜な人けのない場所に出没する、鎌を振りまわしている怪しい二人》—–
自分でもこんな人を見かけたら通報しますね(ΦωΦ)

この日の気温は6℃~8℃。夜トレの滑り出しとしてはまずますの気温です。5才になった若者達もパピトレからこの場所に来ているのですっかり馴染んでいます。

気温が低くなって、トレーニングしているうちに霜が降りると、それがライトに照らされてキラキラ光ります。ダイヤモンドダストの霜版というところでしょうか。昨シーズンは一度も見ることができませんでしたが、さて今年は?

に投稿

ハーネス製作のお休みについて

誠に勝手ながら、2020年11月1日~2021年2月28日まで工房採寸、およびSFSをお休みさせて頂きます。
上記期間内は2021年3月1日以降のご予約を承ります。
ハーネス以外の製品は、臨時休業期間を除いて通常通りご注文を承ります。ただし、犬の咬傷によりお使いのハーネスに修理が必要な場合はご相談ください。可能な限り対応させていただきます。

ホントに、「勝手」なお休みをいただきますが、私共も犬ぞりを楽しむ愛好家のひとりです。春先に気温が上がり始めてから休養に入り、夏の酷暑を水浴びやラン遊びでごまかされながら耐えてきた犬達のために、短い犬ぞりシーズンを満喫させてあげたいと考えています。どうかご容赦くださいますようお願い申し上げます。

暇つぶし
暇つぶしに木の枝で歯磨き?

私共の犬ぞりシーズンは、犬達が走れる気温になる11月から、犬達の体作りが始まります。週に3回(理想は4回)犬達を車に乗せてトレーニングコースへ向かいます。
橇の練習コースに雪が降るようになると、片道3時間かけて雪の中へ。
雪が無ければ1月~2月もバギトレを行います。

メインチーム
絶好調期の面々

犬ぞりシーズンは、「犬達を車に乗せて移動し、バギトレ/橇で走ってくる」だけではなく、普段の生活以外にプラスされる「犬ぞりのための作業」はたくさんあります。
フード以外に犬達の体作りのための栄養を考えて、それを準備する時間、泊りがけで出掛けるための準備、用具類のメンテナンス、犬達の健康チェック等々。
特に今シーズンは、「自覚のない老犬」と「あまり無理ができない成犬」と「絶好調期」の犬達がいて、それぞれに合った対応をしなければなりません。

リタイア犬
「まだまだ現役」と思っている皆さん

シーズン中に体調を崩さないように、人間の健康管理も大切ですよね。睡眠時間だけは確保したいと思ってしまうような歳になったと実感しています。

今シーズンは、犬達が思いっきり橇を引いて走れるように雪がたくさん積もってくれることを願いながら、走るための体作りを頑張りたいと思います。
皆様と雪の中でお会いできるのを楽しみにしております。

に投稿

ハーネス製作再開のお知らせ

Canis Major ハーネス

新型コロナウイルスの国内感染の拡大に伴い、ハーネス製作・販売の停止にご理解いただきありがとうございました。

工房内の衛生管理をはじめ感染拡大の防止策を徹底すると共に、安心してオーダーしていただけるシステムの構想を練ってまいりましたが、ようやく実現化することができましたので、9月5日よりハーネスのご注文受付を開始いたします。

工房での採寸は下記事項の制限を設けさせていただきます。

・採寸は土曜日または日曜日のみで完全予約制
・1日1組2名様まで
・犬は2頭まで

何卒ご協力の程よろしくお願いいたします。

ハーネスのご予約受付期間について

製作再開早々に申し訳ございませんが、2020年のハーネス予約(工房採寸・SFS)最終日は10月31日とさせていただきます。

この冬はまだ成長途中でハーネスが作れない犬には、レンタルも用意しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

に投稿

ジョアリングバンジーライン

ジョアリングバンジーライン

「バンジーシステム」とは、橇と犬の間のラインにプラスして、力が急に力が加わった時に双方のショックを和らげるための装置です。(犬の走りだしや橇の急ブレーキなど)

バンジーシステム

カラビナやラインと接続する部分は、ハーネスにも使用している耐久性のあるテープ。ゴムを覆っている生地は紫外線による劣化からゴムを保護すると共に、万が一ゴムが切れた時のセーフティの役目をします。ジョアリングバンジーラインは、ロープがセーフティになります。

※セーフティ=犬ぞりでは、《ラインが切れてしまって犬だけが走り去り、橇とマッシャーが置き去りにされる》そんなシーンは映画の一場面にも登場するほど恐ろしい出来事です。マッシャーと橇を繋ぐセーフティは「スナブライン」と呼びます。

今まで、橇で使うバンジーシステムは4種類もあるのに、ジョアリングバンジーラインは1Dog用だけしか用意していませんでした。でも、体の大きな犬や力の強い犬がスキージョアリングでバンジーラインを使ってくださっているのを拝見したら、ビヨ~ンと伸び切っていたんです。

私の中では、「バンジー」という物は「伸びきる前に収縮する力が働いた方が良い」と考えていたにもかかわらず、今まで気に留めなかったのは自分がスキージョアリングをしないから(できないから)だったからなのかもしれません。
「気がついたのなら作らなければ !(^^)! と、昨年から試作を開始。4月に2Dog用のバンジーラインが完成しました!

ジョアリングバンジーライン

1Dog用のバンジーラインは8mmロープを使用していますが、ゴムを2倍にしたため8mmロープでは収まらず、10mmロープを使いました。
ゴムの強度が上がったので、スキージョアリングの2Dogだけでなく、バイクジョアリングにも(当然カニクロスにも)使えるようになり、用途が広がりました。

バイクジョアリングの時に使う「サポートライン+バンジーシステム」の代りとしてジョアリングバンジーラインを使うのも良いですね。
その場合は、自転車から犬までの距離が変わってくるので、調整用ラインなどを使って調整しましょう。

ちなみに国際的な規定では、バイクジョアリングで「伸縮性のライン」を使う場合、犬と自転車の距離は、2m以上3m以内とあります。カニクロスでは、犬と人との距離が1.5m以上2.5m以内になっています。
「伸縮性のライン」とは、バンジーシステムやバンジーラインを含むものと考えて良いでしょう。ジョアリングバンジーラインが伸びた状態で1Dogや2Dogラインとの合計を測ってみてください。