に投稿

ジョアリングバンジーライン

ジョアリングバンジーライン

「バンジーシステム」とは、橇と犬の間のラインにプラスして、力が急に力が加わった時に双方のショックを和らげるための装置です。(犬の走りだしや橇の急ブレーキなど)

バンジーシステム

カラビナやラインと接続する部分は、ハーネスにも使用している耐久性のあるテープ。ゴムを覆っている生地は紫外線による劣化からゴムを保護すると共に、万が一ゴムが切れた時のセーフティの役目をします。ジョアリングバンジーラインは、ロープがセーフティになります。

※セーフティ=犬ぞりでは、《ラインが切れてしまって犬だけが走り去り、橇とマッシャーが置き去りにされる》そんなシーンは映画の一場面にも登場するほど恐ろしい出来事です。マッシャーと橇を繋ぐセーフティは「スナブライン」と呼びます。

今まで、橇で使うバンジーシステムは4種類もあるのに、ジョアリングバンジーラインは1Dog用だけしか用意していませんでした。でも、体の大きな犬や力の強い犬がスキージョアリングでバンジーラインを使ってくださっているのを拝見したら、ビヨ~ンと伸び切っていたんです。

私の中では、「バンジー」という物は「伸びきる前に収縮する力が働いた方が良い」と考えていたにもかかわらず、今まで気に留めなかったのは自分がスキージョアリングをしないから(できないから)だったからなのかもしれません。
「気がついたのなら作らなければ !(^^)! と、昨年から試作を開始。4月に2Dog用のバンジーラインが完成しました!

ジョアリングバンジーライン

1Dog用のバンジーラインは8mmロープを使用していますが、ゴムを2倍にしたため8mmロープでは収まらず、10mmロープを使いました。
ゴムの強度が上がったので、スキージョアリングの2Dogだけでなく、バイクジョアリングにも(当然カニクロスにも)使えるようになり、用途が広がりました。

バイクジョアリングの時に使う「サポートライン+バンジーシステム」の代りとしてジョアリングバンジーラインを使うのも良いですね。
その場合は、自転車から犬までの距離が変わってくるので、調整用ラインなどを使って調整しましょう。

ちなみに国際的な規定では、バイクジョアリングで「伸縮性のライン」を使う場合、犬と自転車の距離は、2m以上3m以内とあります。カニクロスでは、犬と人との距離が1.5m以上2.5m以内になっています。
「伸縮性のライン」とは、バンジーシステムやバンジーラインを含むものと考えて良いでしょう。ジョアリングバンジーラインが伸びた状態で1Dogや2Dogラインとの合計を測ってみてください。

に投稿

【スノーダー】2019 新規取り扱い予告!

snowder

世界中のマッシャー達が愛用している橇を製作しているダンラー社は、主にスプリントレース用の橇を作っています。私の個人的な感想ではアメリカ製の橇よりも細かい箇所まで気を使っていて仕上がりも綺麗です。そのダンラー社が1~2Dog用の【スノーダー】を折り畳みができるように改良しました!

「犬ぞり」のイメージはネジを使わずに紐だけで組み上げた木製橇です。ノスタルジックな雰囲気で憧れを抱いている方は少なくないと思います。でもメンテナンスの難しさはもちろん保管や運搬の大変さが難でした。

wooden sled

日本でも多くのマッシャーに愛用されているダンラー社の【ホーネット】は、丈夫で操縦性能も良くメンテナンスも簡単。さらに折り畳んで運べる事が「マイ橇」として選ばれる理由だと思います。

一度でも【ホーネット】を操縦してみると価格以上の価値があると判っていただけると思います。(今年になって値上げされてしまいました。その強気さは人気があるためでしょうか)

我が家でも【ホーネット】に乗り慣れてしまっているので、今、木製橇に乗ったらコーナーごとに転び、犬達は冷た~い視線で振り返り、起き上がっても態勢を整えるのを待ってもらえずに走り出す始末。そんな光景が目に浮かびます。

snowder

私達はいろいろな橇を使ってきた経験から1Dogでも多頭引きでもダンラー社の橇を勧めていますが、「犬ぞりを始めよう!」と思い立ったチームが道具を揃える時に選ぶにはその価格で二の足を踏んでしまうのも理解できます。

そこで!【ホーネット】よりも少し安く、折り畳み収納ができるようになった1~2Dog用の【スノーダー】を、皆さんにお勧めできる橇なのか見極めるために1台だけ取り寄せる事になり、12月上旬に届きます。

snowder

実物をご覧になりたい場合は、12月は臨時休業日以外に、1月は臨時休業日と土日以外の平日にご覧いただけますので工房までお越しください。本日よりご予約を承ります。

snowder

スノーダー製品概要:木製ランナー、取り換え可能なプラスチックソール。ドラッグブレーキ付き、ドッグバッグは赤(写真のドッグバッグの青い部分が赤になります)

に投稿

夏の熱中症予防にクールカラー

日光浴が大好きなスーチ。これ、昼間の12時ちょっと前です。

真夏の昼寝

いくら日光浴が好きでも、こんなふうに寝ていられたら心配(-_-メ)

あまりにも暑い日=「猛暑」を超え「酷暑」。この夏は異常な暑さでした。

エアコンを設置していない我が家では扇風機が頼りです。
さらに保冷剤をタオルで巻いて首筋に当てて、体を冷やしながらパソコンに向かっていました。
その時ふと思い立って、同じくエアコンがない工房へ向かい作業開始。

作業中

扇風機2台を風量「強」にして、窓を全開にしていても工房の気温は34℃から下がりません。

ミシンをかける手を止めて汗を拭き、またミシンを動かす・・・試作品を作って犬達のところへ行き、装着具合を確かめ・・・この動作を繰り返しながら3日後に完成したのが「クールカラー」

クールカラー

初めはファスナーを使ってみましたが、氷をたくさん入れるとファスナーが閉めづらくなるのでマジックテープに替え、生地も乾きやすいメッシュ素材にしました。

クールカラー

早速、完成品を我が家の犬達で試したところ、先に首回りの毛を濡らしておいた方が冷たさを感じるようです。特にシベリアンハスキーのようにダブルコートの犬種は、コートが乾いたままでは冷たさが皮膚まで届かないようです。

クールカラー

Lサイズは保冷剤や氷が片寄らないように3つに仕切りました。
SサイズとMサイズは2分割です。

熱中症予防だけでなく、ランで走り回って遊ぶ時や、まだ気温が下がりきらない秋の犬ぞりトレーニングにも活躍しそうです。

ついでに、自分用には首筋が濡れないようにタオル地で作りました!(^^)!

に投稿

可愛らしいファッションカラー

可愛いイエロー

大型犬のパピーや中型犬に。優しい色のコットンで仕上げました。

いつか仔犬を迎えた時に・・・なんて思いながら製作していると、
「こんな色のカラーが似合うかな?もっとビビットな色がいいかな?」と
色違い品がどんどん増えてしまいます(笑)

清楚なブルー
元気な男の子にはこちら